スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mは少々天狗な性格の子だった。

まぁ、少々・・・いや、かなりモテていたから、それも仕方がないことなのだが・・・・・・。

そのMは
「恋愛なんて簡単なゲームみたいなもんだ」
と、まるで、攻略したらそれで終わりというような考え方をしていた。

そんなMが高校2年生の頃。
夏祭りが2日後に開催されるという、そんな暑い日。

無論、Mはどこかの男でも適当に拾って、適当に行って帰ろうと考えていた。

そんな事を考えているとき、
一人のクラスメイトの男子が話しかけてきた。
当時、Mは男にとって高嶺の花だったのだろう・・・しどろもどろしながらその男は話し始めた。

「お、俺の野球部の先輩がさ、Mちゃんのこと、気になるって言ってたよ」
そんでもって、その先輩は野球部のエースで、ここの学校の生徒会長だとか。

それを聞いたMの頭の中は、
今年の夏祭りはそいつ。 即決定。

と、いうわけで、
3年生の廊下を堂々と歩き、その野球部の3年生の先輩とやらを呼び出した。

その先輩は、きょとんとしている。
「な、なに?」

「2日後の夏祭り、行くんですか?」
「え、あ、うん。行こうと思うとるけど」
「じゃあ、私、その日、空いているんで、一緒に行ってもいいですよ、先輩と」

完璧な誘い方だと思った。
というか、その誘い方で大抵の男は簡単に堕ちた。

自信満々。
しかし、

「あ、ごめん。俺、野球部のやつらと行くから」
「え?」
「じゃ」

そういって、走っていってしまった先輩。
高値の女という存在の、プライド、ズタボロ。
ブチ切れた。

それからというもの、
Mはあの手この手を使って、その先輩を落とそうとした。
まぁ、その先輩とやらがMに恋するのは、そう時間はかからなかったが・・・・

というわけで、
このふたりはめでたく(?)カップルになったとさ。

P,S  そのふたりは大学生活を終え、めでたく結婚した。
スポンサーサイト

コメント

No title

ふふふふwwww

Mさんって美人だもんね☆

No title

・・・・・・・やっぱ、誰だかばれたか。

ってか、
美人じゃねえよ。

ただのナルシだよw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

夏神穂樽

Author:夏神穂樽
あなたが恋をする理由はなんですか?

・・・・・ただがむしゃらに恋をして、愛を知って。

でも、それはすべてが無意味ではなかった事を、
あなたは理解できますか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。